徳山地区ろうきん友の会 2018年度 秋の行事を開催しました!

周南市役所新庁舎見学と周南市内酒蔵歩き&城下町徳山の散策

(会長 加藤 栄)

10月11日(木)26名の会員とその家族が出席して、徳山地区ろうきん友の会のメイン行事である「秋の行事」を開催しました。今回のテーマは、周南市役所が新庁舎に建て替わったことと明治維新150周年を記念して、地元旧徳山市内の歴史散策と酒蔵歩きを企画しました。

周南市役所の新庁舎見学においては、周南市議会の議長にもお越しいただき、日頃踏み入れることのない市議会議場の見学も実施できました。旧徳山市内の歴史散策については、観光ボランティアから徳山藩出身の明治時代の陸軍の軍人で政治家であった「児玉源太郎」の説明を受けながら児玉神社と児玉公園を見学し、続いて酒蔵歩きとして“はつもみぢ酒造”へ向かい日本酒の試飲などを楽しみました。

その後、山口県周南総合庁舎周辺を散策した後、懇親会会場へ移動し昼食とともにビンゴゲームを開催して親睦を深め、参加者全員が有意義な時間を過ごすことが出来ました。

当日は日刊新周南の記者からも取材を受け、10月23日(火)に掲載いただきました。

 


市議会議場の見学

観光ボランティアからの歴史説明