広島地区ろうきん友の会 友の会設立10周年記念 1泊旅行を開催しました

(会長 土居 康記)

5月20日、21日の両日、26名参加で大分県日田市へ行ってきました。

初日は、新元号『令和』のゆかりの地とされる太宰府天満宮に参拝しました。平日にもかかわらず、大勢の参拝者に関心の高さを実感しました。

次に「日田の天領水」で有名な大分県日田市のサッポロビール九州日田工場を見学し、出来立てビールの格別のおいしさを満喫しました。

宿泊先は、屋形船と鵜飼が楽しめる『みくまホテル』。屋形船での宴会が始まり、久しぶりに集う会員相互の親睦を深めました。日が暮れると、篝火(かがりび)が涼しい川面を照らしながら鵜飼船が現れ、烏帽子に腰簑装束の鵜匠に屋形船の傍で鵜飼を披露していただきました。

二日目は、『いいちこ』でお馴染みの三和酒類株式会社本社工場を見学し、40度の原酒の焼けるような熱さに驚きました。その後、高塚愛宕地蔵尊、宇佐神宮を参拝しました。

最後に、今後も広島地区ろうきん友の会の行事に参加することを呼びかけ、無事帰途につきました。