庄原地区ろうきん友の会 第30回総会開催

(会長 三宅 大)

6月10日(月)10時30分から、友の会会員51名の参加で“かんぽの郷庄原”において第30回総会を開催しました。

三宅会長の開会挨拶に始まり、中国ろうきんより高田広島県営業本部長と大田三次支店長にご臨席いただき、高田本部長より来賓を代表してご祝辞をいただきました。

総会議長に伊藤副会長が選出されスムーズな議事運営により、藤川事務局長の提案した全議案が満場一致で承認され、無事に総会を終了しました。

総会議事「庄原相談センターの廃止」について、出席者よりATM継続設置や地区友の会のあり方・方向性を明確にすべきとの意見要望がありました。これに対し高田広島県営業本部長より、中国ろうきんの考え方および今後の進め方について説明を受けました。また、執行部は今後の友の会の方向性について、幹事会に一任してほしい旨の答弁を行いました。

総会終了後は恒例の昼食懇親会を行い、アルコールも入って和やかな雰囲気の中、会員相互の親睦を図りました。