呉地区ろうきん友の会 第22回定期総会を開催 「ホタル狩り」・「そば打ち体験」添えての一泊旅行

(会長 北川 彰)

2019年6月18日13時、一行25名は迎えのバスに乗り込んで、一路ルート375を北上。16時少し前に「かんぽ庄原」に到着して、早速総会を開催。

活動報告、決算、活動方針、予算を全員の拍手で承認。会長の挨拶では「キョウイク」=「今日行くところがある」・「キョウヨウ」=「今日は用事がある」ことが高齢化に向けての精神的、身体的な基本となり、友の会活動がその一端を担っている、誘いあってどんどん友の会に参加して欲しいと要請。

懇親会では、カラオケも盛大に盛り上がったあと、幼い頃のホタル狩りにバスで出発。乱舞する幼想的なホタルの光に酔い、少し感傷的になった人も…。温泉でゆったりと、リラックスし、夜遅くまで話し込んだ部屋もあったとか…。

明けて10時から備北丘陵公園に場所を移して、そば打ち体験へ。地元のそば打ち指導員(おばさん)の下、こねて・のばして参加者が順番に作業をこなし、最後の包丁ですっかり「そば」らしく…。「こねまわしとる時は全然だったけど、最後切り分けられると食欲を動かされたのおー」とは、傍観者の一言でした。

お腹を満たした一行のバスは、揺られ揺られて14時ころ呉駅到着。どちらさんもお疲れさんでした。

参加費はそば打ち(500円)を含めると9,500円(非会員12,000円)。友の会の負担79,515円でした。

 


「かんぽ庄原」の玄関で、はいパチリ!