徳山地区ろうきん友の会 周南市美術博物館『竹久夢二展』の観覧と昼食交流会を開催

(会長 加藤 栄)

7月30日(木)、26名の会員とその家族が参加し、徳山地区ろうきん友の会のメイン行事である「秋の行事」として、周南市美術博物館において開催されている「竹久夢二展」の観覧と、昼食交流会を企画しました。

開催当日の屋外は猛暑日でしたが、周南市美術博物館の館内は涼しく、「竹久夢二展」においては、テレビCMの影響もあって、観覧者が多数おられました。周南市美術博物館の今井学芸員による説明を受けながら、竹久夢二(1884〜1934)の作品を観覧し、恋と旅を重ねドラマチックな人生を歩んだ作品の内容などを学習し、大正ロマンの世界を楽しみました。

当日、日刊新周南の記者からも取材を受け、8月2日(金)に掲載いただきました。

その後、懇親会会場へ移動し、昼食とともにビンゴゲームを開催して親睦を深め、参加者全員が有意義な時間を過ごすことが出来ました。

 


今井学芸員からの説明

絵の説明を聞き観覧する参加者

大正レトロの風情

特大パネル前での記念写真
 

日刊新周南 2019年8月2日(金)〔社会面〕