倉敷地区ろうきん友の会 そば打ち体験会

(会長 桐山 正晴)

2019年12月5日(木)10時から、『手作り蕎麦工房「楽遊庵」広島備後そばの会』の池宗尚先生を講師に招き、倉敷市西公民館調理実習室を借りて、昨年も好評だった「誰にでも出来るそば打ち」の体験会を開催しました。

そば打ちの極意の説明を受け、そば粉と水の調合具合、ビニール袋を使ってのそば粉のこね方等を習い、ワイワイガヤガヤ、参加した15名の仲間が楽しくそば打ちを体験しました。

池宗先生による「そば打ち体験会」は今年で3回目。連続して参加されている方と初めての方でテーブルを分け、時間差でそば打ちとそば切りの調節をし、先生の指導もばっちり! 1人3食分のそばが完成しました。各々が1食分をゆでて試食し、2食を持ち帰り、無事「そば打ち体験会」が終了しました。

持ち帰り用の2食も打ち立てをキープするためキッチンペーパーにくるみ、ラッピングして持ち帰り用ケースに収納。昨年までの反省を生かした対策で、ご自宅でも美味しいそばが食べられたことと思います。