津山地区ろうきん友の会 「ぶっかけそば」をふるまう! 〜4年連続 ご利用感謝デー開催〜

(会長 土居 孝)

今年も12月13日(金)に、津山地区ろうきん友の会の役員と労金津山支店の職員が協力し、「中国労金津山支店ご利用感謝デー」のイベント「そば打ち」を行いました。

このイベントでは、友の会会員2名と津山市内のそば打ちグループから2名の応援を得て北海道の「音威子府(おといねっぷ)」と「摩周(ましゅう)」をブレンドした新そば粉15キロ・300食分を打ち、来店される方に打ち立ての“ぶっかけそば”を提供しました。

友の会の役員7名が分担して「ゆで」「盛付」「配膳」を行いました。公務員のボーナス支給日と公的年金の振込み日で多くの方が来店され、約270人もの方にそばを食べていただき、「これまでにも増しておいしい!」と大好評でした。

水温が低くて、そば打ちの「のし」には難しさがありましたが、盛会のうちにイベントを終えることができました。

4年目の今年、友の会役員の「ゆで」や「盛付」などの仕事は手慣れたもので、【そば処 津山ろうきん】は、友の会の会員や労金利用者に、このイベントを楽しみにしていただくほどになりました。引き続き行った慰労を兼ねた反省会は大いに盛り上がりました。

今年1年の締めくくりとしてふさわしい、すばらしい1日になりました。

 

支店の駐車場で寒空の中、友の会役員の皆さんに 頑張っていただきました
お客様が途切れること無く来店!
本当に喜んでいただけました!