備中地区ろうきん友の会 役員研修会開催

(会長 門瀬 邦夫)

12月20日(金)14時から、備中地区ろうきん友の会の幹事会を、備中支店会議室にて開催した。1名参加出来ず5名で幹事会を、労金職員さんを講師に役員研修会、最後に職員さんにも参加いただき、一緒に懇親会を行った。

1部の幹事会は、2019年度の活動と会計の報告、それについての反省点を話し合った。今年3つのイベントを実施したが、参加人数が少し減ったものの、喜んでもらえたし、なんとか次年度への繰り越しも例年並みに落ち着きそうで一安心した。その後2020年度の活動の協議・検討を行い、イベントの内容と日程等を17時までに大枠を決めた。

2部は、備中支店で独自に展開しているキャンペーンから、全体で推進している金利上乗せとロッキーチャンスの説明、最後に認知症保険について佐藤職員から紹介があった。

3部は、高梁駅前の「とも膳」で懇親会。会長から「1年間、今年も会員さんの為にお疲れ様、来年も宜しく。そして、これからも労働金庫を皆で盛り上げて行こう」との挨拶の後乾杯をし、支店長をはじめ職員さん4名を加えた9名で忘年会を兼ねた懇親会を行った。

(報告:事務局長 真壁 雅樹)

 

佐藤職員を講師に役員研修中の様子