鳥取地区ろうきん友の会 幹事会

(会長 山田 敏明)

4月8日、第1回幹事会を開催し、2020年6月に予定していた総会は、新型コロナウィルスの影響を考慮し、中止の決定としました。同時開催をしていたグラウンドゴルフ大会も已む無く中止とし、総会は書面決議を行わず、次回幹事会で議案書の発送を全員に行い、ご意見を集約する形で開催に代えることを確認しました。10月に予定しているバス旅行も、情勢を考慮し最終決断をしますが、開催・中止どちらになっても案内文書を送り、丁寧な対応を徹底することも確認しました。

5月11日、第2回幹事会を開催し、参加者13名で総会中止の案内文書を配布すべく、封入作業を行いました。開催に先立ち山田会長より、「コロナでほとんどの活動ができなくなっているが、しっかりと現状を皆さんに知らせ、来年度の活動が活発になるように繋げていきたい。」と挨拶がありました。

また、今回より待望の2名の女性幹事が加わり、改めて幹事全員で自己紹介を行いました。

鳥取地区は日頃からの入会勧誘の成果もあり、2020年3月現在で1,244名と大所帯となっています。幹事全員で2時間半もの時間をかけて、案内文書の封入作業を行いました。(1,254通)

2019年度活動報告・会計報告および会計監査報告・2020年度の活動予定(すべて中止予定となってはいますが…)・役員(案)・予算(案)を封入することはもちろん、労金のチラシ(認知症・ろうきんアプリ・LINE Pay・リバースモーゲージ型住宅ローン)も入れ、しっかり宣伝活動もしています。

沢山の封入物に四苦八苦しながらも、幹事同士で(3密に注意しながら距離をとって)コミュニケーションをとりながら楽しく作業を完了しました。