米子地区ろうきん友の会 恒例「小旅行」は中止と決定/20年度年間行事を協議!!

第3回幹事会を新体制で開催

各地区どこの友の会も、今年度の行事・取り組み計画には苦労されていると思います。米子地区新幹事会においても新年度行事について、「やるべきか」「延期すべきか」と苦悩の論議となりました。

米子地区友の会は、今年度の総会(6月24日計画)をコロナ禍で開催を中止し、会員全員への総会議案書の配布と、今年度行事要望の聴き取りを郵送にて送付・返信を実施したところです。

新幹事会は、返信された意見等を踏まえ7月30日に開催し、今年度の行事の実施計画案を協議しました。鳥取県西部では今のところ直接影響ないとは言え、コロナ禍拡大が心配される中での協議となり、行事実施可否の苦悩の協議・検討となりました。

その結果、会員の皆さんの一番楽しみ「バス利用の小旅行」は止む無く計画断念。屋外行事であるグラウンドゴルフは秋に実施、カラオケ・ボーリングは年明けに状況を踏まえ計画検討する。好評の一泊二日の旅行会についても、運営体制を見直し次期検討としました。

また、こうしたコロナ禍の中ではありますが、「密」にならず会員等の交流と学習の場として、「米子のまち歴史探訪」を主にした会員研修会の要望があり、実現に向け検討していくこととしました。

(報告/事務局長 原 進)

 

「ソーシャルディスタンス」広い会議室での討議模様“年寄りにはヨウ聞こえん!”